0120-220-783
探偵業届出登録番号

ご子息・お嬢様の交際相手を別れさせます

交際相手の別れさせ屋

■ 離婚率の上昇を防ぐために

近年、日本だけではなく世界的に見ても「離婚率」が右肩上がりで上昇しています。
日本の離婚率は、今では約35%前後にも膨れ上がり、平成27年度の厚生労働省の調査によると、離婚件数は22万件にものぼります。

「時代の変化」というものも、理由の一つだと思いますが、そもそも「結婚」に対する責任や考え方が軽くなってしまったのではないでしょうか。
実際、「嫌になったから離婚します」と、直ぐに夫婦が揃って離婚届に判子を押せる状態は、ある意味で幸せかもしれません。

中には、「慰謝料が」、「養育費が」「不動産の分散が」、「子供の親権が」と、簡単に離婚することができない問題を抱えている状況の方も、大勢いらっしゃいます。
問題は、お金の問題だけではなく、「離婚したい」と思っても、相手がそれに応じてくれないと、地獄のような結婚生活を続けていると嘆く人もいます。

また、「結婚」は、夫婦二人だけの問題ではなく、双方の「家族」、お父様・お母様、結婚相手のお父様・お母様、親戚同士にまで関わりが出てきます。
あの時、安易に「結婚」を決めなければ良かった。と後悔してからでは遅いのです。

■ 「結婚」してからでは遅い4つの理由

・離婚率の増加対策

先ほど既に述べた様に、日本の離婚率は右肩上がりで上昇中です。
友人も周囲もみんな離婚しているからと「結婚」と「離婚」を軽く考えては、後々後悔することは目に見えています。
自分自身だけの問題ではなく、子供の将来にも関わる「大きな問題」です。
将来の為にも、子孫の為にも離婚率を低下させることは、日本、世界の課題です。

・家風にそぐわない

「人それぞれ」がある様に、「家族それぞれ」です。
家族には家族のルールや代々受け継がれてきた伝統や歴史があり、家風があります。
そうやって、結婚を機に片方の家族と、もう片方の家族が「受け入れ」「理解し合い」一つの家族を作っていきます。
しかし、中にはあまりもの「家庭環境の違い」は、最初は我慢できていても、いつかどこかで必ずズレてくるものです。結婚後に起きる、育った家庭環境が及ぼす影響は大きいと言えるでしょう。

・離婚することが想定内

実際に、その時が起きてからでないと一概に言えたものではありませんが、誰がどう見ても「これは離婚する」と客心ずける「結婚」は、実際に存在します。
実際に、結婚する本人ですら「結婚できても、離婚するだろう」と思い結婚し、その後すぐに本当に離婚したという実例もありました。

・子孫・遺伝子に影響がある

本音では言えないかもしれませんが、できる事なら優れた遺伝子を残したいと思う親は多いのではないでしょうか。

離婚率の増加

・親や友人に内緒で出会い系サイトで知り合った

・周囲に離婚者がいて離婚に対してのハードルが低い

・学校教育と家庭教育の変化により心の弱い大人が急増した為

・生活環境の変化で忍耐力の著しい低下

・男女共に浮気できる出会いの場が増えてしまった

・社会の構造の変化で戸籍の重みが軽視されてしまった

結婚の理由

ご家族が間違った方向へ向かうことを、銀座レディス1は秘密厳守で軌道修正します。
現在のその恋人で、本当に大丈夫なのか?本当に結婚すべき相手なのか?お互いの家族と上手くやっていけるのか?

離婚原因の一つとして、授かり婚(デキ婚)は、離婚率が高くお孫さんとの別れにも繋がってしまうことです。

■ 「家族問題」の解決

【結婚相手の悩み】

  • ご子息や、お嬢様の結婚相手に疑念があり、どうしても諦めさせたい方。
  • 嫁、婿と折りが合わずに悩んでいるご家族。
  • 浮気問題やセックスレスで悩んでいる当事者のあなた。
  • 家庭内別居、離婚に関する問題で八方ふさがりのあなた。
  • 相手が離婚してくれずに途方に暮れている。

  • 【嫁、姑、舅問題の悩み】

  • お互いの性格が極端に合わずに困っている。
  • 片方からのいじめや嫌がらせに悩んでいるあなた。
  • 夫婦問題に逐一関与してくる姑、舅を抱えている。
  • 孫の問題に悩んでいる。
  • 同居を希望されていて困っている。

  • 【家族経営の悩み】

  • 会社の方針で意見が相違している。
  • しきたりに悩んでいる。
  • 後継者問題で悩んでいるあなた。
  • 売り上げが伸びずにどうしていいか分からず困っている。
  • 現状を考えると老後が心配で眠れないあなた。

  • あらゆる家族問題を銀座レディス1が解決致します!

    ご依頼完了後の声

    ◆北海道・60代、ご夫婦

    ご子息が有名病院の医師で将来を期待されていたのですが、勤務先の職員と交際していました。代々医師家系で行く行くは、クリニックを息子さんに継がせて病院を大きくしたい、その為には女医との婚姻を熱望しているとのことでした。
    更に、その女性職員は過去に別の医師との交際も噂され、当家には相応しくないと判断し、別れさせ屋に依頼に訪れました。

    ◆東北・50代、ご夫婦

    依頼人であるご夫婦は、会社を創業し一代で財をなし、子供3人を育て上げ幸せな生活を送っていたとのことです。
    そんなある日、後継である長男がいきなりとある女性を連れてきて「結婚する!」と紹介されました。
    ここまでは、特に問題がなく結婚準備に入ろうとしていたところ、彼女の品のなさ、過去の非行、家庭環境の違いなどが見え始め、次第には財産目当てとも受け取れる女性だと判断され、別れさせたいと依頼に訪れました。

    ◆関東・50代、父親

    妻を数年前に病気で亡くし、その後に娘が結婚したい人がいるという言葉に、幸せな時を過ごしていたそうです。
    しかし、依頼人である父親がよくよく二人の馴れ初めなどを聞いていると、当初娘に聞いていた内容と様々な食い違いが出てきて、実際には出会い系サイトで知り合ったことが判明しました。
    時代の変化かもしれませんが、親としてはどうしても別れてもらいたいという気持ちになり、別れさせ屋に依頼に訪れました。

    ◆中部・70代、母親

    一人娘が数年前に元旦那の浮気が原因で離婚をし、その後、「再婚をしたい相手がいる、人生の伴侶にしたい」と、とある男性を実家に連れてきたそうです。
    依頼人である母親が、その男性に会った瞬間、言葉では表すことができない嫌な感情に陥った、この男性を婿に迎えてはならないと思ったとのことでした。
    今まで生きてきた人生の「感」で思い思い、娘に話しても全く理解されず、困り果てた末に、別れさせ屋に相談に訪れました。

    ◆近畿・80代、母親

    地元の大学で働いている一人息子。
    50歳になり、バツイチの子持ち女性と結婚すると言い出しました。
    そして、知らず知らずの間に婚姻届けを提出し、結婚。
    その後、同居し一緒に暮らすようになってから、姑いじめをされるようになったそうです。
    隠れて財布からお金を抜くようにもなり、困り果てた上別れさせて欲しいと依頼に来ました。

    ◆四国・40代、両親

    依頼人の娘さんは、21歳の東京の大学に通う大学生。
    将来は、海外へ留学して海外で働きたいという夢があり、親としても「子供の夢を叶えたい」と、東京での大学生活をバックアップしていました。
    しかし、親のバックアップとは裏腹に東京での学生生活は、派手に過ごしていたようで、悪い男性との付き合いも多かったようです。
    そんなある日、電話口で「大学を中退して15歳上の彼と結婚する」と言い出しました。
    ご両親は目の前が真っ暗になり、どうしても別れさせたいと別れさせ屋に依頼に訪れました。

    ◆九州・50代、両親

    日本と海外を行き来している30代の息子さん。
    その過程で出会ったアジア地方の女性と結婚をするとの報告を受けました。
    時代も時代だから、国際結婚もありかと思っていた両親。
    しかし、その女性の国の異文化性、独特な性格に圧倒されたそうです。
    「旦那のものは私のもの」「旦那の親の金は自分の金」と豪語していたようで、結納代も日本では考えられないような、相当な額を提示されたようです。
    また、その女性の親も出てきて、結婚の際は、旦那側の親が立派な家具を買わなければいけない、マンションを用意してもらわなければいけないと言われてしまい、このままだと一家離散だと不安になり、別れさせ屋に依頼に訪れました。

    全国で子供の「結婚」に対して不安になっているご両親が急増しています

    ■ 家族問題を解決する手法

    銀座レディス1は、創業以来、数え切れない実症例と成功例がございます。
    そして、研究に研究を重ね対象者の意識を激変させる境地に達しました。
    今日までは、「1」という考えでも、ある程度の日数を費やすことで「2」でも「3」でもという心境の変化を起こさせる、意識改革を対象者に自然に、安全に、行うことが可能です。
    人間は、考え方や思考回路が変われば、人間関係も良化し、悩みも消えていくものです。
    銀座レディス1は、長年の研究と臨床で皆様のご期待に添える結果を出しております。

    大切なご家族の悩み、諦めずにご相談ください。

    家族問題による悩みは、過度なストレスが募ります
    もう一度家族と幸せな時間を築きませんか

    悩み相談
    お気軽にご相談ください。
    お電話の受付時間:9:00~21:00(日曜・祝日除く)